人間観察

ヤクザさんと銭湯

ヤンキーが意外と釣りが好き、というのは年季の入った釣り人ならなんとなく感じるところがあるのではないかと思いますが、ヤクザさんが銭湯好きなのはおそらく多くの方が体験的にご存知なのではないかと思います。

私がよく行く浴場施設にもちょくちょくヤクザさんがいらっしゃいまして、誰もが陰嚢の皺をとことん弛緩させる大浴場のあの超リラックス空間に、ピリリとした緊張感をもたらしていただいております。
宮史朗をもっとショートヘアにして髪もヒゲも白髪にし、全身に紋紋を背負っていらっしゃる方がきっと一番地位の高い親分的な方で、両腕にのみ刺青を入れた30代後半ぐらいのお二方は、お供の舎弟さんといった立場の方なのでしょう。

ヤクザさんがお風呂(銭湯)好きなのは、いつ死んでもいいようにいつも体を綺麗にしておくとか、刺青を施すことで発刊作用が鈍くなっているので発汗を促すためにサウナなどがある大浴場をよく利用する、とか、刺青を周囲に見せつけることができる唯一の場所だから、とか、ネットでサッと調べるともっともらしい説がいくつか出てきますが、実際は一般人と同じく、「単純に大きいお風呂が大好きだから」といったところじゃないかと思います。
浴場施設側で刺青の方の入場は禁じているにもかかわらず、この禁を破って入ってきているわけですが、ヤクザさんのほうも浴場内では決して他の人に迷惑をかけないようにと気を使っている気配が感じられます。
刺青だけで周囲に威圧感を与えることは承知しているので、立ち振る舞いや言動が威圧的にならないように、またヤクザさん特有の鋭い眼光も、その光量を意識的に抑えていらっしゃるようであります。

さてそろそろ大浴場から出ようかという段になって、さあ親分どうぞ出てください!と、舎弟のヤクザさんが親分のために大浴場の戸をガラガラっと開けたタイミングと、逆に脱衣場側から大浴場に入ろうとして、私が戸を開けたタイミングが運悪くピッタリと合ってしまい、戸の前で立ち尽くす私に舎弟のヤクザさんが、「・・・・お先にどうぞ・・・」と、親分を差し置いて私を通してくれたのも、やはりこういう場所では堅気の衆には迷惑をかけまい、というヤクザさん達なりのモラルが働いてのことなのでしょうか。

刺青の方入場禁止の禁を犯して入ってきているとしても、今のところなんら迷惑を被るわけでもないので、ヤクザさんの入場に反対する理由も見当たりません。
刺青があるがために、公衆が利用するお風呂から締め出される傾向にある昨今は、純粋にお風呂好きのヤクザさんには少し気の毒な気がします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 岩手情報へ

レジの人

離婚して一人暮らしになって以来、スーパーで一人で買物をする機会が増えたわけなんですが、買物をするたびに、たくさんあるレジに中のどのレジに並ぼうかいつも迷っています。
大混雑している時は、やっぱり少しでも空いているレジに並ぶんですけど、どのレジも同じぐらいに並んでいて大差がない場合は、やっぱり少しでもキレイなレジ係の女性がいるほうに何食わぬ顔で並んでしまうのが男の性ってもんじゃないでしょうか。

スーパーのレジ係はほとんどがパート労働者なので、年代の比率で言うと30~50代が一番多いのではないかと思いますが、昨今の雇用情勢の悪化で最近は若い子もけっこうパートで働いているのが見受けられますね。
ウチの近くのスーパーでは、レジ係の教育がかなり徹底されているようで、なかなかに質の高い接客対応とレジさばきをする人が多いのですが、なかでも一人、ズバ抜けた対応を見せてくれる女性がいます。
年齢は30歳ぐらい・・・いかにも心のこもった、そして溌剌とした「いらっしゃいませっ!」の掛け声、終始崩れることのない輝くような笑顔、レジ打ちのスピードもさることながら、おつりを渡す際のしなやかで美しい指の動き・・・
そして女優並の美貌・・・・
どれを取っても完璧で、まるで非の打ちどころがない。
きっと日本スーパーマーケット協会かなんかが行っているレジ対応コンテスト全国大会かなんかで上位に入るほどの腕前で、社内でもレジ係りの指導的な役割を担うお方なんでしょう。

しかし!

しかし、この場を借りてあえて言わせていただくならば、我々40代のおっさんがレジ係の女性に求めるのは、美貌の影に見え隠れする「疲れ」なんじゃないでしょうか!
家事をこなし子育てもしつつ、心もとない旦那の稼ぎにため息をつきながらも、少しでも家計を楽にしようと働きに出る女の横顔から垣間見える「生活の疲れ」。
そしてそこから滲み出る微妙な色気。
これこそが!これこそが我々40代のおっさん達がレジ係の女性に求める極めて重要な要素なのではないでしょうか!

↓魅力的な雰囲気を持つレジ係の女性のお手本
  (2:25あたりから)

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 岩手情報へ

祭りのエネルギーを分析してみた

日本の夏まつり会場に充満するある種独特のエネルギー。

そのエネルギーの源は、
「金魚がとれるまでは、テコでもここを動きませんからっ!」という、
親の財布の中身を気にしない幼稚園児の鋼鉄の意志であったり、
とりつかれたようにひたすらカタ抜きに没頭する小学生の病的な情熱だったり、
「用意してきた焼き鳥、全部さばいたるぞぉぉっ!」という、
テキ屋のおっさんの生命を賭けた意気込みであったりするわけです。

しかし、祭り会場のエネルギーの約80%は、

「ひそかに想いを寄せているあの子と出会えるかも・・・[E:heart01]」

という、思春期を迎えた胸キュン中学生たちの切ない期待とときめき。
そんなところから発せられているなどということは、
意外にも知られていない事実だったりするわけです。

Matsuri1

Matsuri2

Matsuri3

Matsuri5

↓人ごみの中から 「あの娘」を探す中学生。
Matsuri4

Hanabi

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 岩手情報へ

夏祭りに行った

近所の夏祭りに行った。

屋台の明かりに照らし出された人々の表情はとりあえず明るく、喜びに満ちているように見えた。

Omatsuri1

もうなんだかヤケクソで蹴っ飛ばしたくなるような世の中になり果ててしまっているけれど、庶民が祭りぐらいは楽しめるような、そんな余裕だけはせめてこれからも残ってて欲しいもんだなと、行き交う人々を見てそう思った。

「・・・・しかしアレだね、なぜ毎年お祭りの時には、蛍光色に光る腕輪とか七色に光るハナクソみたいなオモチャが小学生の間で流行するんだろうねぇ・・・」
と、隣を歩いていた妻に話しかけたつもりが、いつのまにかそこに妻はおらず、横の射的小屋で射的に夢中になってました。

↓射的に熱中する妻(全部外してましたけど・・・)
Syateki_2

Omatsuri2

↓祭りのフィナーレの花火の動画

<釣りブログ>ランキングに参加しています。
↓よろしければクリック宜しくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 岩手情報へ

河原の清掃

今日は朝から盛岡駅前通りと北上川河川敷の清掃ボランティアに参加した。
盛岡駅から開運橋までの歩道の植込み周辺のゴミや落ち葉を収集していく。

Seisou

開運橋からは北上川の河川敷に降りてゴミ拾い。
昨年の大水で流されてきたゴミもあろうが、ポイ捨てされたタバコやビニールなどのゴミ、また不法投棄された電化製品なども見つかる。
「自然」を売り物にしている県なのに、低っくいなぁ~岩手県民の民度は・・・。

Seisou2

Seisou4

橋の下にダンボールハウス。
北国の厳しい冬をここで過ごしたのであろうか。
寒さを防ぐためか結構しっかりした造りに見える。
ここなら街にも近いので、なにかと都合が良いのだろう。

Seisou3

清掃中、茶髪&パンチパーマの二人とその兄貴分と思われる図体のデカイやつの三人組にイチャモンをつけられた。
たまたまカメラを回していたのでその様子を動画で撮影することができた。

↓問題の動画

<釣りブログ>ランキングに参加しています。
↓よろしければクリック宜しくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 岩手情報へ

ギャラリー
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 雫石 竜川へ
  • 雫石 竜川へ
  • ライブドアブログ