土曜日。
また雨。

今日は森林ボランティアに参加する日です。
森林ボランティアとは、荒廃の進んだ日本の森林を、ボランティアの手で再生していこうというものです。
木材の自由化で安い木材が海外から入ってくるようになると、日本の森林、特に住宅需要を見込んで全国に植林された杉林はまったく手入れがされず放置され、荒廃が進んでいます。これをなんとかしようという人達が集まって、片っ端から生きた森を作っていきましょう!というのが、このボランティアです。

雨なのでもしかすると・・・と思いながらも集合場所に到着すると、誰も来ていない・・。
一応、作業予定の森にも行ってみましたが、やはりいない。
今日は中止・・・・か・・・せっかく張り切って来たのに・・・。

しかしせっかくなので、我々が手入れをしている森林を写真撮影することにしました。

sugibayashi ←綺麗に手入れされた杉林(クリックで拡大)


あちこちにカメラを向けているうちに、ある杉の木の根元に異物を発見。
肉眼でよく見ると、生きた杉の木に寄生した大型のナラタケでした。

naratake ←ナラタケ(通称ボリ)(クリックで拡大)


周囲の倒木など、あちらこちらにもナラタケが出ていました。

その後、先週のマツタケ山付近に行ってみましたが、ナラタケとアミタケが少々採れただけでマツタケは残念ながら見つかりませんでした