「岩手県で毒きのこで死亡」というニュースをやっていました。
「ドクツルタケ」というきのこを食べて亡くなったようです。

dokutsurutake←ドクツルタケ(クリックで拡大)



毒のあるきのこにもいろいろな種類がありますが、ほんとうに注意しなければならないのはそれほど多くはありません。
食べられないきのこがすべて毒きのこというわけでもありません。
要注意のきのこを覚えておき、これらには手を出さないようにすればきのこの事故は防ぐことができます。
今回亡くなった方は、同じテングタケ科のドクツルタケとよく似た「シロツルタケ」と間違って食べてしまったのかもしれません。
ドクツルタケは、毒きのこの中でももっとも危険なもののひとつで、欧米では「死の天使」と呼ばれています。
岩手のきのこ百科によると中毒症状は「消化器系に異状を起こし、コレラ症状が続き死に至る。」と、ものすごく無慈悲な記述がなされています。
コレラ症状だけでも苦しそうなのに、その後「やがて回復に向かう」ならまだしも、死に至ってしまうというのだから恐ろしいきのこです。
いずれにしてもテングタケ科のきのこには猛毒のものが多いので、手を出さないようにしたほうが無難かもしれません。
私もテングタケ科で食べたことのあるのは、一度だけ八幡平のほうで採ったことがあるタマゴタケだけです。
(これはおいしいきのこです)

tamagotake ←タマゴタケ(クリックで拡大)