2010年05月

夜盗虫(ヨトウムシ)

畑のほうは先週ひととおり植え付けを終えた。

今年は畑への種の直まきになるべくこだわってみたので、見るからに周囲の畑よりも緑が少なく見える。
しかし、うまくやれば種を直接まくやり方のほうが、苗を移植する方法よりも丈夫に育つらしいので、失敗覚悟で挑戦してみることにした。

Hatake

シソ、イタリアンパセリ、バジル等のハーブ以外は、ほとんどの作物の発芽が始まっている。
枝豆は発芽の時点でほとんどが紫斑病という病気にかかっていることが発覚し、すべて摘み取って別な品種に植え直した。

腑に落ちないのはほうれん草である。
発芽にバラつきがある・・・というよりも、芽の出ない範囲がまとまり過ぎている。
5cm~10cm間隔で芽が出ているのだが、途中、50cmとか1mの範囲で芽が出ていないところがある。
単なる発芽のバラつきならもっとまばらになるはずである。
昨年も同じような現象があったが、これはどうも怪しい。

・・・というわけで夜8時過ぎに懐中電灯も持って畑に行って調べてみる。

すると・・・

Yotoumushi2

ヨトウムシである。
漢字では夜盗虫と書く。
ヨトウガという蛾の幼虫らしいが昼間は苗の近くの土中に潜み、夜になると這い出てきて苗を物凄い勢いで食い荒らす害虫である。
こいつが順番に苗を1本1本食い尽くしていくので、特定の範囲の苗がそっくり消えてしまうのである。

↓しばらく光を当てていると、土中に潜ろうとする。
Yotoumushi1

ヨトウムシは、おそらくまだまだ畑に棲みついているはずだ。
今年もまた、虫との闘いに火蓋が切って落とされたようである。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 岩手情報へ

怒涛の野良仕事

今日は10時から18時半までずーっと野良仕事してました。
今日一日で、低温で遅れていた作業をなんとか取り戻さないと・・・。

トウモロコシの畝にマルチをかけてみる。
マルチというのはビニールのシートのことで、畑の畝にピッチリと張って穴を開け、そこに種や苗を植えます。
地温の確保と雑草を予防することができるのですが、畑に美観を損ねる人工物をあまり置きたくない私としては、ビニールなどの化学製品を使うのは敬遠してきました。
しかし今年は気温が低い日が続いているので、低温による障害をできるだけ回避するためにやむなくマルチを使用してみることにしました。

Hatake1

でもって、さっそく3条植えの幅1メートル20センチのトウモロコシの畝にマルチを・・・あ、あれ?マルチの幅が全然足りないんですけど・・・。
・・・って、1.2メートルの畝に90センチのマルチじゃ幅が足りないに決まってるし!

バカーっ!俺のバカーっ!
なんで畝の幅を考えないで90センチのマルチなんか買ってきたんだかっ!
クソーッ!こうなりゃ・・・

というわけで悩みに悩んだ末に、通常、畝に対して平行に張るマルチを、垂直に何枚も張り合わせて誤魔化す、という作戦に出たのでした。
マルチとマルチの端っこは少し重なり合うようにして隙間が空かないようにしたのですが、風が吹くとそこから内部に風が吹き込み、シートがピラピラなびいてイライラする。
それになんだかシワだらけで見るからにヘタクソっぽい。
隣の畑のベテランの人のマルチを見ると、まるで空気を注入して膨らましているかのようにピッチリと張られていてシワひとつない。
どうしたらあんなにうまく出来るんだろ?

今日はジャガイモ、枝豆、ズッキーニ、トウモロコシを植えました。
8時間労働、さすがに疲れました・・・。

↓畑の周囲の水の張った田んぼ。代かきの真っ最中。
Hatake2

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 岩手情報へ

畑もなんとかやってます・・・

5月も半ばだというのに今年は異常な低温がなかなかにしつこく食い下がっておりまして、畑のほうはだいぶ遅れがちなんでありますが、なんとかコツコツとやっています。

5月1日にNさんご主人所有の耕運機に登場いただき、玉山の岩手ファームから購入した醗酵鶏糞完熟堆肥約200kgほどを投入した畑を、土がフカフカになるまで耕しました。
耕運機は便利な反面、こびりついた泥などを取り除くのが大変な作業でこれが結構面倒くさかったりするんですが、そのへんのところはNさんご主人に全てお任せしてしまって大変申し訳ないなぁと思いつつ、5月10日には葉ネギ、サヤインゲン、きゅうりの種まきをしました。

Hatake1

昨年は、畝(うね)立てなどを、かなりいい加減な目測でやっていたため、畝がグニャグニャと曲がりまくってしまい、いかにも素人くさい雰囲気をかもし出していたのですが、今年は畝幅をちゃんとメジャーで測りナイロン糸を張り巡らして、真っ直ぐなビシッとした畝を作ろうと考えてます。

Hatake2

心配なのはやはりこの低温。
種まき後の2日間は最高気温で11℃~13℃という状況である。
発芽適温は22℃から23℃だから、このままじゃあ芽が出るはずもなし。
土曜日あたりから最高気温が20度を上回る日が続くらしいのですが、それまでの低温で、蒔いた種がおかしくなりはしないのだろうか?
昨年は自宅でポットで苗を作ってから定植したのですが、ビニールハウスがあるわけでもなく、ベランダでの苗づくりでは温度管理が難しく、かえって発育不良を起こしている気がしました。
そこで今年は思い切って種の直蒔きにしてみたのでが、これはこれでまた思った通りの気温になってくれず、なかなかうまいこといかないものです。

昨年の春に植えたアスパラが、この春収穫時期を迎えています。
10本ほど採って茹でて食べてみると、ものすごく甘い。
アスパラってこんなに甘いものだったろうか?

Aspara

畑の隅にはタラノメもたくさんあります。
お隣でやはり畑をやっている方が植えたものだろうか。
採ってもいいよと言われてますが、気を使って採らずに放置してます。
ちょうどいいサイズになっていますけど・・・。

Taranome

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 岩手情報へ

渓流へ

今日は朝まで仕事。
しかし気持ちのいい陽気に誘われて、そのまま渓流へ出掛ける。

わずかな増水だが、ドライでもウェットでも、いたる所から溌剌とヤマメや岩魚が躍り出てくる。
春の訪れが嬉しくて嬉しくて仕方がないようである。
野生に生きる彼らが、春の訪れを心待ちにする気持ちは果たして如何ほどのものなのだろう。

Anago

Yamame5

Iwana3_2 Yamame4_2
Iwana2 Yamame3
Hana1 Iwana4
Yamame1 Iwana1
Yamame2 Hana2

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 岩手情報へ

ウェットフライの釣り

5月3日の盛岡は気温が22.5度まで上昇した。

今年の冬は比較的雪が多いうえに4月は低温が続いていたので、山にはたっぷりと雪が残っている。
その残雪が、気温の上昇とともに一気に雪代水となって流れ出す。
この日の雫石の川も昼頃には危険なほどの急激な増水が見られ、14時頃には釣りを切り上げざるを得なかった。

S1

↓この日はウェットフライで攻める。グレートセッジ#8とシルバーマーチブラウン#12。
Wet

↓所々に残雪が残る
S2

↓小型の岩魚
Iwana

↓クソ冷たい川の中で転倒したS君はまるで失禁状態。
  帰りに寄ったラーメン屋にはこの姿で・・・。
S3

↓【動画】魚道の入口で岩魚を釣るS君。
 (魚道、まるで機能してませんでしたよ~、国土交通省さ~ん!) 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 岩手情報へ

ギャラリー
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 雫石 竜川へ
  • 雫石 竜川へ
  • ライブドアブログ