2008年12月

人はこうして・・・

芋焼酎とさつま芋。
芋づくしっていうのもなかなか・・・

Shochu

若い頃から酒がまったく駄目だったのだが、最近は毎日飲んでいる。
最初は350mlの缶ビールをちょくちょく買って飲んでいたが、試しに・・・と買った900mlの芋焼酎をあっという間に飲んでしまい、以後毎晩飲まずにはいられなくなった。
この歳になってようやくお酒の美味しさが分かってきたのかもしれないが、夜はアルコールを体に入れて、なんとなく「まったり」としたいんだなぁ。

今までほとんど酒を飲まなかっただけに、いったんハマるとトコトンいってしまいそうで危ないかも・・・。
酒があまり飲めない人でも、こうして少しづつアル中に落ちていくのではあるまいか・・・。

<釣りブログ>ランキングに参加しています。
↓よろしければクリック宜しくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 岩手情報へ

ドラマ「あんちゃん」

26年前に放送されていた水谷豊主演の「あんちゃん」というドラマがDVDレンタルに登場した。
大好きなドラマだったのですぐにレンタルし、毎晩帰宅後に一話づつ鑑賞している。

Anchan

「あんちゃん」は、宇佐木町という田舎の小さな温泉街を舞台にしたドラマである。
主役の水谷豊扮する田野中一徹は、養父の跡継ぎとして、安楽寺というお寺の住職になる。
新米住職の一徹は、宇佐木町の住民や仲間達との日々の関わりの中で、様々な苦悩や矛盾と出会いながらも僧侶として、そして人間としていかに生きるべきかを見出していこうとする。
田舎町に暮らす若者が、多かれ少なかれ感じる鬱屈と閉塞。
果たして自分はこの町にこうして安閑と暮らしていていいのだろうか?
世の中の大きな流れに取り残されているような焦燥・・・いつか飛び出したい気持ちを心のどこかに抱えながらも、この小さな町で生きるしかない現実と諦め・・・
しかしそれでもこの町で生きる意味を、どうにか掴み取ろうとする若者達の苦闘や葛藤が、一徹や一徹の仲間達を通じてこのドラマでは描かれている。

テーマは深いがドラマの演出は一貫して明るく、若い頃の水谷豊独特の飄々とした軽さと脇役の伊藤蘭、西山浩二、三浦洋一、ピーターなどとのかけあいは、笑いの要素が満載である。
下手なリアリズムを排し、お芝居をお芝居として見せつつも、時にシリアスな問題を見ている人に投げかけ、そうかと思うと幽霊をそのまんま登場させるようなナンセンス性・・・
このドラマは、70年代にあいついで登場した「寺内貫太郎一家」や「ムー一族」などの、ドタバタホームドラマの流れを汲む最後の作品ではないかと思うが、基軸はしっかりしており、底を流れるテーマは現代にも通じるものがある。

ちょっと長くなったので、続きはのちほど・・・。

<釣りブログ>ランキングに参加しています。
↓よろしければクリック宜しくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 岩手情報へ

新幹線と婦人便所

「0系」と呼ばれる新幹線の初期型車両が老朽化のため、昨日、岡山駅から博多駅までの営業運転を最後に運行を終了したそうだ。
「0系」の新幹線が運転を開始したのは1964年の東京オリンピックの年。
私の生まれた年でもある。
44年でお役ご免となったわけだが、最新型のなんだかカモノハシみたいな新幹線と比較してみても、見劣りしないどころか先頭車両の運転室の窓のあたりのカッチリとした造りはなかなかカッコイイ。

この「0系」の一番の特徴と言えばなんと言っても先端のあの丸く突き出た所。
ダンゴッ鼻と呼ばれるあの丸い部分を外すと中には連結機が入っていて、故障して動かなくなった時などに連結して引っ張っていけるようになっている、とテレビで解説していたが、私は漫画家のつげ義春が、自身の見た夢を記録した「夢日記」の中で、あの丸い部分をこじ開けて中に入ろうとするとそこは婦人便所になっていた、と書いていたのを思い出した。

Shinkansen
「つげ義春とぼく」夢日記より

<釣りブログ>ランキングに参加しています。
↓よろしければクリック宜しくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 岩手情報へ

ギャラリー
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 雫石 竜川へ
  • 雫石 竜川へ
  • ライブドアブログ