2007年09月

防波堤へ

私 : イカ釣りに行きたいかー!

妻 : ・・・・・。

私 : イカ刺しが食べたいかー!

妻 : ・・・・・。

昨年のイカ釣りの時の高~いテンションの微塵も感じられない妻・・・。
一体どうしたのかと尋ねると・・・
あ~ぁ、なるほどなるほど・・・
この間の寄生虫の記事でトラウマに・・・
そっかそっか、そうだよねぇ。悪かったねぇ。
じゃ、イカ以外の魚を釣りに行きましょか?

というわけで隅々までキリッと晴れ渡った土曜日、
釜石市唐丹町(とうにちょう)の花露辺(かろべ)漁港に行ってきました。

漁港の内側は、小アジのオンパレード。
サビキを使って入れ食い状態でした。

↓アジを釣る奥さん
Fisherman


Aji2



アジ釣りは奥さんにまかせて、私は防波堤の外側で投げ釣り。

↓チビガレイ
Karei


残念ながら、カレイはこれ一枚。
隣で釣っていたおじさんは、30センチ近いカレイを釣ってました。

↓アジ釣りロボットのようにアジを釣り続けた奥さんの釣果
Aji



日が暮れる時間から、一応イカ狙いでエサ釣りをしてみましたが、
今日はイカが寄っていないようで、全然駄目でした。
良い時は相当釣れるらしいですが、
なかなか良い時には当たりませんなぁ。

この漁港、初めて来ましたが、カレイも釣れるようだし、
なかなか雰囲気もいいので10月にもう一度来てみたいと思います。
次こそはなんとかイカを釣りたい!
それまでには奥さんのイカのトラウマ、消えてくれればいいなぁ。

<釣りブログ>ランキングに参加しています。
↓よろしければクリック宜しくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

ハゼドン

友人のF君からハゼ釣りの報告と写真をいただきました。

宮古港に注ぐ、閉伊川での釣果です。
F君はハゼ釣りは初めてとのことですが、
これはなかなかの釣果じゃないでしょうか。
小指大の小さいのは、30匹以上釣れたそうです。

学生時代、宮城県の塩釜あたりで仲間とよくハゼ釣りをしたものです。
もう際限なく釣れましたね、あの頃は。
夜に友達のウチで、具合悪くなるまでハゼの天ぷら食べたなぁ・・・。

余談ですが、私はハゼと聞くと、
その昔、友人のS君が自分の顔を鏡で見るたびに、

「俺はなんでこんなハゼドンみたいな顔なんだろう・・」

と嘆いていたことを思い出します。

↓こんな感じのところ
Heigawa



↓ハゼドン
Haze



<釣りブログ>ランキングに参加しています。
↓よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

寄生虫 イカ編

先日投稿した記事「寄生虫 プレデターみたいなヤツ」が、
@niftyの「旬の話題ブログ」コーナーで紹介されたようです。
なぜ寄生虫が「旬」なのかよくわかりませんが、
せっかくなので今回はイカの寄生虫の話しを軽くしてみようかと。

昨日、近所のスーパーで売っていた生イカをよ~く見ると、
いたいた、いました!アニサキス。
生イカの乗ったトレイを包んだラップの内側を、
3~4センチぐらいのアニサキスが元気良く這っていました。

↓アニサキス
Anisakis

ふと見ると、どっかの美人の若奥さんが生イカを買おうとしている。
「アニサキス入りのイカを買え~!アニサキス入りのイカを買え~!」
と、後ろから必死で念を送ったが、
残念ながら美人若奥さんは別のイカを買って行きました・・・。
ま、イカは99パーセント寄生虫がいるらしいから、
たぶん他のイカにも全部寄生しているんだろうけど、
あの美人奥さんが買った生イカに、
特にたくさんの寄生虫が付いていることを、
意味もなく願わずにはいられませんでした。

スーパーで売っている生イカでも、
ほぼ寄生虫がいると見ていいので、
生食する場合には注意が必要です。
特にアニサキスは、人間の体内に入った後、
胃壁に潜り込もうとするなど悪さをするので調理の際はご注意を。

以前、秋田沖に船でイカを釣りに行ったことがあります。
次々と釣れるスルメイカを、しょうゆとみりんを入れたバケツに、
生きたまま放り込んでいきます。
沖漬けという方法で、こうすることでイカがしょうゆを吸い込み、
味が内部まで染みる、というわけです。
釣りを終えて、一緒に行った会社の上司の家で、
釣ったイカをみんなで山分けすることにしました。
バケツの中のイカを取り除き、
バケツに残ったしょうゆを道路脇の側溝に捨てる。

「沖漬けは、生のままいったん冷凍して、
食べる時は半解凍ぐらいの状態で食べるんだよ」

みんなでそんな会話をしながら、
バケツの中のしょうゆを側溝に流し切ろうとしたところで、
バケツの底におびただしい数の寄生虫が沈んでいるのを見つけた。
イカに付く寄生虫、「ニベリニア」である。

↓ニベリニア
Niberinia


米粒大の大量のニベリニアが、バケツの底に積もっている。
しょうゆの中で苦し紛れにイカの体内から抜け出したのだろう。
これを見て、一同沈黙・・・。

な、生はやめたほうがいいかな・・・と、急に一同弱気に・・・。
船の上で、釣りあげたばかりのイカに、踊り食いだと言って
粋がって喰らい付いたことを激しく後悔しました。

幸い、その後何事もなくイカは私の胃の中に納まりました。
船の上で生食してしまったのも大丈夫だったようです。
沖漬けは、しょうゆが少なすぎて味が薄かったこともあり、
軽く火を通してしょうゆをつけて食べました。
冷凍すれば寄生虫は死ぬとわかってはいても、
実際にあれだけ大量の寄生虫を見ると、慎重になってしまいます。
ニベリニアは食べてしまっても人体には無害だと言われています。

ちなみに私、この際だから言いますが、寄生虫が好きです。
(奥さんには変態呼ばわりされてますが)
気持ち悪いとは思うんですが、恐いもの見たさと言いましょうか。
寄生虫研究で有名な藤田紘一郎先生の本も5~6冊読んでます。
面白いだけでなく、非常にためになる本ですよ。
たくさん本が出ていますので、是非一冊読んでみることをお勧めします。
色々と目から寄生虫が、あ、いやウロコが落ちるようなことも書いてますよ。

<釣りブログ>ランキングに参加しています。
↓よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

タマゴタケとハタケシメジ

今日は昼頃から雨が降るとの予報。
早起きしてキノコ採りに出掛けることにした。

ここのところキノコのポイントの新規開拓をしていない。
過去に採れた場所ばかりを巡っていたのでは能がない。
やはり山や森を観察しながら、キノコのある場所を探っていくのが
キノコ野郎の心意気ってもんである。
今日は区界方面を開拓してみることにする。

車を走らせていると、キノコオーラが出ている森を発見。
若いナラの木とアカマツの混生林である。

↓よさげな森に分け入る(セルフタイマーで一人で演技して撮影)
Anago



↓タマゴタケ
Tamagotake


タマゴタケはそれほど珍しいキノコではないはずだが、
意外にも今までに一度しかお目にかかったことがない。
残念ながらちょっと時期が遅かったようで、
発生していたタマゴタケのほとんどが崩れかかっていた。
上の写真は唯一崩れていなかったもの。
毒々しい色をしているが、おいしいキノコである。

↓ウラベニホテイシメジ(だと思う)
Urabenihotei_2


固く締まった長い茎が半分ぐらい土中にもぐっていたので、
ウラベニホテイシメジにほぼ間違いないと思うが、
イッポンシメジ(毒)との区別が今ひとつ自信がない。

↓ベニナギナタタケ
Beninaginatatake


ピンク色と朱色を混ぜたような鮮やかな色を見せていたキノコ。
思わず写真を撮ったが、あとで図鑑で調べると、
ベニナギナタタケと言うらしい。
一応食べられるキノコだそうだが・・。

↓ドクツルタケ
Dokutsurutake


欧米では「死の天使」と呼ばれるドクツルタケ。
山と渓谷社「日本のきのこ」によれば、
1本以上食べると、病院で適切な処置を行わない限り、
1~2日ないし3日以内に死亡する、とある。
どの図鑑を見ても、「死ぬ」と断言しているぐらい問答無用の凶悪キノコなのである。
これにそっくりなキノコに、「シロツルタケ」というのがあり、
こちらは食べられるキノコであるが、当然誤食する人が出る。
一昨年も岩手で死亡事故が起きている。

↓ハタケシメジ
Hatakeshimeji


帰りにウチの近所の公園でハタケシメジを収穫。
上の写真はまるでホンシメジのようなハタケシメジの幼菌。

↓本日の収穫
Kinoko


↓で、夕食には「キノコポトフ」を作りました。
Shiru



<釣りブログ>ランキングに参加しています。
↓よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

ウチの実家に、三代に渡って来ている野良猫をご紹介。
最近、毎日朝夕来ているのが下の2匹です。
2匹は仲良しの兄弟で、いつも一緒に行動しています。
ホルスタインのほうは、とても良く人になついています。

で、この2匹のお母さんの「シロクロ」の動画はこちらです。
こちらにも「シロクロ」の画像があります。
「シロクロ」は私が一番気に入っていた猫で、
とても優しい猫でした。
彼女は、実家の斜め向かいの超ネコ好きのHさんの知り合いの家で、飼い猫として幸せに暮らしていると聞きました。

で、さらにそのシロクロのお母さんの画像はこちらです。
とても強い猫でした。

↓チビ黒(あまりなついていません)
Neko1



↓ホルスタイン(決して爪を立てない良い子です)
Neko2



<釣りブログ>ランキングに参加しています。
↓よろしければクリックお願いします。
釣りと全然関係ない内容ですが・・・。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

ギャラリー
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 雫石 竜川へ
  • 雫石 竜川へ
  • ライブドアブログ