2005年12月

連絡。マウス入手しました!

Kaiさんへ

USBのマウス入手しました。
そのうちお渡ししましょう。

↓こちらです。
mous

野良猫撲滅運動

わが町内会で、最近増えてきた野良猫を一掃しようという動きがあることをウチの親父から聞いた。
私は町内会の会合などには一度も参加したことがないが、そんな動きがあったとはまったく知らなかった。
水面下でひそかに恐ろしい計画が遂行されようとしている・・・。

↓町内会会議 想像図
kaigi



うーん、マズイ・・・。マズイなぁ・・・。
このままではウチに来ている、飼い猫同然だが実はノラネコの親子に魔の手が伸びてしまうかも・・・。

と心配していた矢先、野良猫一掃作戦は廃案になったとの報告がウチの親父から届いた。
理由を聞くと、飼い猫と野良猫の区別がつけられないから・・・とのことだった。

ウチの町内会は、どうもあっさりした人が多いようで・・・。
でも良かった!

↓今回命拾いしたネコ達(のんきだねぇ、また)
neko5

ロボット

今年最後の森林ボランティアに行ってきました。
と言っても、2週間も前の話しですが・・。

今回の目玉は、なんと言っても枝打ちロボットです。
枝打ちとは、枯れてしまった枝などを切り落とすことで森に日光を入りやすくしたり、枯れ枝から侵入する虫の害を防ぐために行う大切な作業です。
通常は、木にハシゴのようなものをかけて人が登り、のこぎりなどで切り落としたりするのですが、ちょっと想像しただけでわかるとおり、とてつもなく能率の悪い作業です。
これをロボットがやってくれるというのだからいやがおうにも期待が高まります。
いったいどんなロボが登場するというのでしょうか?

さあ、それでは枝打ちロボット「やまびこくん」(だったかな?)の登場です!!

robo1 ←そのロボ(えっ?)



私が想像してたのとだいぶ違うロボでした・・・。

robot



この枝打ちロボットは、微妙な角度でタイヤがいくつも付いていて、強力なバネで木の幹に固定されます。エンジンの力で幹の周りをグリングリンと回転しながら、木の表面ギリギリにセットされたチェンソーで容赦なく枝を切っていきます。

robo3  ←枝打ちロボ発進!!(リモコン操作で・・)



robo2 ←ロボを見守る参加者達



その働きぶりはなかなかのもの・・・・と一同感心していましたが、そのままスイッチを切らないで・・・もしくはリモコンが故障するなどして、ずっと、ずーっと木の先端までグリングリン回転しながら進んでいってしまったりしたら、最後にはズドーン!と凄まじい転落・・・なんてことを考えていると、参加者の1人が、「上のほうでエンジンが止まって動かなくなったらどうするんですかぁ?」と質問をした。
その質問に対し、講師の方からは、「ロボを操作する人は、木登りが得意である必要がありますね」という粋な答えが返ってきました。

ギャラリー
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 雫石 竜川へ
  • 雫石 竜川へ
  • ライブドアブログ