2012 岩手のナラタケ、ハナイグチ、ハタケシメジなど

岩手は10月も半ばを過ぎて急激な冷え込みに見舞われ、山々も秋の気配が濃厚となってきました。

夏から秋への移り変わりがあまりに急激だったため、夏と秋の中間時期に出るアミタケなどのキノコを、結局一度も目にすることがありませんでした。
昨年と一昨年採れていたコウタケも、今年はどうやら出ないようです。
雨があまりにも少なかったため、その影響だったのでしょうか。

先日、雫石町網張方面になんとなく出掛け、入ったことのない狭い林道(というより山道)を、歩くようなスピードで車を走らせながら山の斜面に目を凝らします。
ズボラなキノコの探し方ですが、はじめて入る山がキノコが出る山かどうかを見極めるにはとても効率の良い方法です。
ただし完全にヨソ見運転なので、対向車が来るような林道では危ないのでオススメしません。

レンガ色の傘の、形の良いキノコの姿がチラホラ見えます。
車を止めて林に分け入ってみるとハナイグチでした。

↓ハナイグチ
Hanaiguchi

ハナイグチはナメコと同様、ヌメリがあって大変に美味しいキノコです。
ナメコより大ぶりなのでクセがあるかなと思いがちですが、むしろナメコよりクセがないかもしれません。

場所を変えて、昨年ナラタケが沢山採れた山へ。

Naratake1

小ぶりですが、ナラタケが沢山出ています。
採るのが面倒くさいのですが、食べて美味しく食感がいいのはこのぐらいのサイズです。

Naratake2

↓こちらは別な日のハタケシメジ。
  沢沿いの山道の草むらにポツリポツリと出ています。
Hatakeshimeji

高松の池の釣堀 ヨシノボリ釣り

10月9日。

F君と高松の池の釣堀「芝水園」でヨシノボリ釣りを楽しんできました。

本当は1年前に持ち上がった企画で、昨年の9月14日にF君とお酒持参で釣堀で待ち合わせをしたのですが、運悪く釣堀の定休日(水曜)にぶつかってしまい、高松の池のほとりの東屋で、ただただ飲み食いして終わってしまっておりました。

今年はそのへんのところを学習しつつ、火曜日に予定を合わせてヨシノボリ釣りに挑んだのでありました。

爽やかな初秋の空の下、夏の猛暑の影響かアオコの発生が多少気になるものの、今年の芝水園はなにやら期待できそうな様相を呈しているのでありました。

Yoshinobori2

岸辺のコンクリートから20センチほど離れて水中に杭が打ってありますが、ヨシノボリはこのコンクリートと杭の間に潜んでいるようです。

Yoshinobori1

コツを掴むまでは餌(エビ)ばかり取られてしまいますが、仕掛けの落とし込み方と合わせのタイミングを掴むとバカスカ釣れるようになります。

↓ヨシノボリ
Yoshinobori3

↓餌盗りはクチボソの仕業。
Kuchiboso

↓一人で来ていた鯉かヘラブナ狙いらしいおばさん。
この日は一匹も釣れていないようでしたが、最後まで諦めず納竿の直前まで寄せ餌をまき続けるその粘り強さは、相当な手練れとお見受けしました。
今時期は食いが悪いのか、ヘラ、鯉狙いの人達は、まったく釣れていないようでした。
Yoshinobori4

↓ヨシノボリヒットシーン動画

花巻 マルカンデパートの食堂

休みの日、花巻市を軽くドライブしてきました。
お隣の町、花巻市に行くのさえ何年ぶりでしょうか。
昔は仕事で週に1~2度は花巻市に通っていましたが、その頃の得意先の多くは時代の変化の中で閉店、廃業したらしくその姿を消していました。

花巻市にはマルカンデパートという地元の百貨店があります。
百貨店としては完全に時代に取り残された感があり、肝心の物販の売上も、客として売り場を見る限りでは風前の灯かと思いたいのですが、唯一根強い人気を博しているのは6Fの食堂なのであります。
40歳以上の方なら、昔のデパートの食堂・・・子供の頃お母さんに連れられて行ったあのデパートの食堂に、懐かしと同時に何かいつもと違う美味しいものが食べられるぞぉ!というあのワクワクした感覚を、容易に甦らせることができるものと思います。
マルカンデパートの食堂は、あの頃のデパートの食堂がそのままの形で残っているとお思いください。

Marukan1

↓6Fから見渡せる花巻市街
Marukan2

↓割り箸入れはやっぱりこれじゃないといけません。
Marukan3

↓ラーメン350円。他のメニューの値段も昔のまま。
Marukan4

↓ウェイトレスさんの服装も昔のまま。今で言うとちょっとメイド風でしょうか。
Marukan5

↓食券。このへんもなんだか懐かしい。
Marukan6

グローバル化が進みますます変化しなければ生き延びられない世の中になりましたが、自らが変化していなくても、周りが変化したことで結果的に変化したことになり生き延びることもあるのだという良い例だと思いますね、ここの食堂は。

ギャラリー
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 雫石 竜川へ
  • 雫石 竜川へ
  • ライブドアブログ