サトイモ

全然畑に行けてませんでしたが、今日ようやくサトイモを掘りに行ってきました。

Satoimo_2

いつもなら10月の下旬には収穫していたのですが、今年は1ヵ月近くも遅れてしまいました。
サトイモは葉っぱが枯れ始めてきた頃が収穫時期と聞いていましたが、ウチの畑のサトイモはもうすっかり葉っぱが枯れ落ちて、ほとんど茎だけが残っているといった状態でした。

雨が少ないとサトイモは不作らしいのですが、たしかに今年の出来は今ひとつ。
イモの数が今までで一番少ない感じです。
でも雨が少なかった分、ひとつひとつのサトイモに旨みが凝縮されているような気がします。

今日収穫したサトイモは、今度の日曜日に、採っておいたハタケシメジと一緒に芋の子汁にする予定です。
去年採ったコウタケもまだ残っているので、コウタケの炊き込みご飯もやろうかな。

ハラタケ

久しぶりに自転車で通勤しました。

会社までは10キロ以上あるんですが、けっこう坂があるのであんまり気合を入れて自転車を漕ぐとバテてしまいます。
朝の通勤時は遅刻するといけないので急ぎますが、帰宅時は時間に余裕があるので、あっちこっちフラフラと寄り道しながら自転車を走らせます。
こうするとあまり疲れを感じずに帰宅できます。

宿直勤務が多いので、帰りの時間は午前10時ごろ。
通ったことのない道をあえて通ったりして、ウロウロのんびり自転車を走らせるのは楽しいものです。

この日は、バスの転回所にふらっと自転車を漕ぎいれてみたら、敷地内の原っぱにハラタケが出ているのを見つけました。

Haratake1

Haratake2

ハラタケにはいくつか種類があるようですが、スーパーで売っているマッシュルームがこの仲間です。
味もマッシュルームと変わらないそうですが、犬がオシッコをしそうな場所に出ているので、採って食べたことはありませんけど。

Haratake3

岩手のきのこ ギンタケ <シモフリシメジ>

キノコ採りの素人が、なんの手がかりもなくあてずっぽうでギンタケ(シモフリシメジ)を探しに行って、みごと探し当てられる確率は?

答え:ほぼゼロ%である。

ある程度キノコ採りをしている人なら・・・特にギンタケ採りを知っている人ならこう答えることと思います。
ビギナーズラックすらほとんど期待できないほど、ギンタケは発生場所を見つけるのが難しいキノコです。
私も何年もキノコ採りをしていますが、今までにギンタケが発生する場所は2か所しか見つけることが出来ませんでした。

そのうちの1ヶ所は、まさに奇跡としか言いようのない見つけ方でした。

7~8年前のキノコ採りを始めて間もないある日、「ギンタケを採りに行こう!」と一人で出発します。
ギンタケは一度も採ったことがなく、どんな場所に発生するのかすらよく知らないまま、とある山の林道を適当に車を走らせます。
このへんかなぁ~?と、最初に入った林の中に、なんとギンタケが!
ど素人が一人でギンタケを探しに行って、なんと一発で探し当ててしまったのです。
今考えても絶対にあり得ないほどの奇跡。
まさに神がかり的な勘の良さでした。

今日久しぶりにこの林に入ってみると、小さなギンタケがいくつか出ていました。
だいぶ人が入っている形跡がありましたが、辛うじて生き残っているようでした。

数が少なかったので今回は採らずに写真撮影のみ。
撮影後、なるべく人に見つからないように葉っぱを被せておきました。

いつまでもこの場所に発生し続けて欲しいものです。

Gintake1

Gintake2

Gintake3

Gintake4

ギャラリー
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 雫石 竜川へ
  • 雫石 竜川へ
  • ライブドアブログ