再び渓流へ

再び前回の渓流へ。

この日は気温が24度まで上がることになっていたので、こんな日は相当アレだろうなぁと思っていたら、やっぱり相当なアレでした。
広いポイントには魚が何匹も付いていて、なかなか前に進ませてくれません。
つまり入れ食い状態ですね。

m5

型はもう少しといったところでしたが、わずかな距離で数え切れないほどの成果でした。
厳しい冬を越えてようやく訪れた芽吹きの季節を、魚たちが全身で喜んでいるのが伝わってきました。

m7

m6

m3

m4

m1

m2

↓車に戻るまでの道すがら採った「こごみ」でビール。
  今日はなんだかいい1日だったなぁ。
m9






S君と渓流へ

ゴールデンウィーク終了しましたが、岩手はまあ散々な天候でした。
この寒さは一体なんなんでしょうね。

ゴールデンウィークの恒例となったS君との釣り。
今年は5月2日に出かけることにしました。

この日の盛岡の最高気温は9℃。
山間の渓流でしたからおそらく気温は6~7℃ 程度までしか上がらなかったものと思います。

雨こそ降っていませんでしたが、なんだか期待薄。
きっと30分もしないうちに「もう帰ろうっ!」みたいなことになるんだろうなぁ、と内心思いながらも釣りを始めてみると ・・・

なんとこの低温の中で魚の活性が高いこと高いこと!
ニンフだろうがウェットだろうがドライだろうが、まるで盛期のように積極的にフライを追ってくるのであります。

↓カタクリが咲いているのは例年どおり
katakuri

↓ウェットで攻めるS君
s1

↓盛期のようなポイントでまずまずのヤマメがでる。
s3

s5

s4

yamame

↓ニンフに来た岩魚。
iwana

全然期待していませんでしたが、なかなか楽しい釣りになりました。

身体が冷えたせいかこってりしたラーメンが食べたくなり、帰りは「らーめん花月」へ。
時々無性に食べたくなる花月のラーメンですが、食べ終わった後は「もうしばらく食べなくてもいいかな・・・」 という気分にさせてくれます。

ramen 

2013年3月15日 御所湖の様子

3月15日。

まだだろうなぁ・・・と思いつつ、ちょっと御所湖の様子を見に行ってきました。

やっぱり全面凍結してました。
goshoko1

氷はかなり薄くなっている感じで、 これからどんどん溶けていく雰囲気です。
雫石川のバックウォーターはだいぶ氷が溶けてきています。

↓安庭橋下流側
goshoko2

↓安庭橋上流側
goshoko3

気になるのは水位がだいぶ高くなっていること。
氷が溶けた時点で、すでにフライではバックが取れない状態 になっているかもしれません。

今年は雪が多いので、気温が上昇して一気に雪解けが進むと、あっという間に水位が上がってしまいそうです。

除々に雪が溶けてくれることを切に願います。 
ギャラリー
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 2013.8.7 雫石へ岩魚釣り
  • 雫石 竜川へ
  • 雫石 竜川へ
  • ライブドアブログ